2005年12月25日

2度の会社勤めで学んだこと

ランキングに参加しました。よろしければポチッと★


 やあ、こばやんです。本日は今年最後の休みです。大掃除??できないですね〜(涙)



 本日はこばやんの就職教育その5・・・『2度の会社勤めで学んだこと』です。このブログをご覧になって、若い方が就職について真剣に考えてくだされば幸いです。もちろん私の子供にも教えますよ!

お金の教育についての私のサイトはこちら★






 思えば私が初めて就職した時と比べて、現在は就職することの意義も、ずいぶん変わってきたのかもしれません。

 少なくとも私が初めて就職した時は、できるだけ大きな会社に就職して、安定した生活を送ることが、成功の近道でした。私もつい最近までそのように思っていました。



 しかし私はそのように安定を求めることが、本当に幸せなのか疑問を持つようになりました。リストラにおびえながら会社にしがみついていたり、家族と一緒にすごす時間を削ってまで会社に尽くしたり、そんなことが果たして幸せと呼べるのでしょうか?



 もちろん考え方は人それぞれです。そのような生活が幸せと感じる方もおられるでしょう。しかしこれだけは申し上げておきます。

 大企業に入って、ず〜っと同じ会社にい続ける終身雇用の制度や、給料が右肩上がりに増加する年功序列の制度は、もはや崩れました。公務員になれば一生安泰という、公務員神話も崩れました。これからこの波はもっと加速するでしょう。



 会社に入ることや、結婚することがゴールではありません。ゴールはもっと先にあります。絶えず成長すること!そのことがわからないと、私のようにあてのないゴールを求めてさまようことになってしまいますよ。



 このブログをご覧の方からの、ご意見・ご感想お待ちしております。私と一緒に話し合いましょう。

 


1日1クリック! 
blogranking.gif
応援よろしく願います

posted by こばやん at 12:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 就職教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結局の所、人生にゴールなんてないですよね

正直、就職の際の面談で【志望の動機は??】と聞かれたらどうしようって今から考えてしまいます…

そんなんではダメだとは思いつつも
あんまりいい答えは見つからず。。。

ホントは目的をもって働かなければいけないんですけどね
それを考えながらずっと過ごしてます…

終身雇用、年功序列…
もう社会の教科書にしかでない言葉になっちゃいそうです@_@
Posted by デルタ at 2005年12月27日 21:00
 こんばんは、デルタさん。コメントありがとうございます。

 年内は、どうもこのコメントにお答えできる余裕が残念ながらありません。今日も14時間働きっぱなしです(涙)

 年明けゆっくりと、私の就職観についてお話しますからね!
Posted by こばやん at 2005年12月28日 23:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。