2006年01月13日

学歴について語ろう

 ランキングに参加しました。よろしければポチッと★


 やあ、こばやんです。先日上司に、会社を辞めることを正式に話しました。意外とあっさりとしたものです。これからはほかの人に迷惑を掛けないように、スムーズな退職と、泣き寝入りしないよう、主張できる権利は主張していきたいと思います。



 さて今回は、学歴についてです。あなたは学歴偏重派exclamation&questionそれとも不要派exclamation&question



 先日にこのブログで、私の経歴についてお話しましたが、私はそこそこ名の売れている大学(東京6大学の一つです)を卒業しました。

 その結果は!?と言いますと、正直あまりパッとしません。一度では飽き足らず、二度も退職を繰り返している・・・世間的にいうと落ちこぼれかも知れません。(そんなことは気にはしませんが。)



 時には高校生の時に始めた、引越しのアルバイトにすごくはまり、中卒でその引越し屋さんに就職することも真剣に考えました。それでも今考えてみると、私は大学を卒業できたことは良かったと思いますし、大学まで出していただいた両親には本当に感謝しています。

 自分が一生をかけてやりたいことが、明確にわからないうちは、私は大学に通って生きる目的探しをしたほうがいいように思います。なかなか見つからないんですけどね!私も今(32歳)になってやっと見つかりましたよ。



 多くの方からのコメントお待ちしていますよ!


1日1クリック! 
blogranking.gif
応援よろしく願います


posted by こばやん at 08:34| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も大学出て(一応国立大です)すぐに結婚してしまいました。それから、子育てを一段落させてから、保険業・パートなどを経て、来週からやっと希望の仕事につけます。
でも、職業を自分で選ぶためには、やはり学歴も必要なのかもしれませんね(^_^)
Posted by とことこママ at 2006年01月14日 22:46
おはようございます、とことこママさん。コメントありがとうございます。
 自分でやりたいことが明確にわかるまでは、学歴をつけておくことが大切だと私も思います。
 ただ、素晴らしい料理の才能があって、料理の道に進むと決めている子供に、親が学歴をつけるよう押し付けるのも、無意味なように思います。
 学歴偏重ではなく、子供の才能を伸ばすような教育がこれからは大切になるでしょう。こうやって書くのは簡単ですけど、実践するのはなかなか難しそうですね。
Posted by こばやん at 2006年01月15日 09:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

学歴とは
Excerpt: 最近、私のブログを読まれている方ならば、こちらのボログ、もといブログにも一応は目を通されていることであろう。 ある東大生の一日 で、おそらく大半の方々は、これを読まれて、学歴にこだわり、学..
Weblog: はむはむの煩悩
Tracked: 2006-01-13 16:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。