2006年02月15日

モラルの教育 2

ランキングに参加しました。よろしければポチッと★



 やあ、こばやんです。体調がサイアクです。家族には絶対うつすわけにはいけないので、しばらくは別部屋で生活するようにします。




 ところでうちの子供も、産まれてから100日が経ち、首が据わってきました。まだ
アーとかウーとか、かたことしかしゃべることができないのですが、きっといろんなことを吸収しているのでしょう。



 さてモラルの教育。子供に対してモラルについて教えることは、とても大切です。ではどうやってモラルについて教えていけばいいのでしょうか?まずはお得意の辞書でモラルについて調べてみました。そうすると『モラル=道徳・倫理』と出てきました。そこでこのうちの倫理について調べてみたところ『倫理=人として守り行うべき道』と出てきました。



 つまり人として最低限守らなければいけないことでしょうか?先日も書きましたがモラルの教育の第一歩は、子供に対して『してはいけないこと』と『しなくてはいけないこと』を教えることです。ではまず『してはいけないこと』についてお話したいと思います。



 してはいけないことを考えてみて、皆さんは何を思い浮かべますか?

私はこんなことを思いつきました。

1、決められたルール(法律)を破る

2、人を肉体的・精神的に傷つけてしまう



 このうち1については当然のことなので(時として見失いがちですが)この場では発言はやめておきますが2についてはいかがでしょうか?



 暴力を振るうことは問題外として、精神的に人を傷つけてしまうことは、時としてやむを得ません。そうして人を傷つけてしまったときに、いかに誠意を持って謝ることができるか、自分の過ちを素直に認めることが重要だと思います。



 いや〜。文章にして書くと簡単ですが実践するのは難しそうですね。こんなことを子供に教えていきたいと思います。

 


1日1クリック!
blogranking.gif
応援よろしく願います


posted by こばやん at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | こころの教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。