2005年10月21日

考える力を育てる

 ランキングに参加しました。よろしければポチッと★


 やあ、こばやんです。妻のお腹はもうはちきれんばかりです。こんな時に夜勤ばっかりなんて、ポストマンおかしいですよ(怒り)



 さて、今回からしばらくは、考えることの大切さを中心にお話いたします。このブログをご覧の多くの方に(?)私のこの思いを少しでもご理解いただければ幸いです。





 考えることのできる子供に育てるには、多くの人と(若いうちは両親が中心ですが)たくさんの議論を交えることが必要です。以前少しお話しましたが、子供の
どうして??という質問に対して、その答えをこうだ!と決めつけて教えるのではなく、子供と一緒に答えを探していくことが必要です。そのためには、子供と一緒にいる時間を多く設ける必要があります。

 

 ところが、最近では夫婦共働きという家庭が多くなってしまったため、その時間が作れない家庭が多くなっているようです。本当に嘆かわしい!その結果がニートのような社会現象を生んでしまったと思うと・・・



 私も子供の頃は、両親とも働いていてほとんど一人、もしくは友達と過ごすことが多いでしたが、自宅で働く仕事でしたので、夕飯は家族全員で食べていました。そうすることで現在のような温和な人格(?)と形成することができたと思っています。



 子供と一緒に夕飯くらい食べられる環境にしましょうよ!夕飯の時間に子供と、今日の出来事を話し合ったり、社会問題について話し合ったりするだけで、子供の考える力は相当上がると思いますよ!


 応援よろしく願います blogranking.gif  



posted by こばやん at 12:29| Comment(2) | TrackBack(0) | こころの教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。久々にあそびにきました。

ぼくは独身なので夫婦生活についてはなんとも言えませんが、将来子供ができれば夕飯は一緒に食べたいですねぇぇー。同感ですっ。
Posted by shinch at 2005年10月24日 20:13
こんばんは、shinch さん、コメントありがとうございます。

 私の考えに賛同いただき、本当にありがとうございます。今の日本の教育制度は、親が子供を顧みずあくせく働いて、そのお金を使って子供をよい学校に入れるという風調があります。

 私はそれよりも、親が教えるべきことを教えて、子供に自立してもらうことのほうが大切だと思うんですよね。

 出産間近で忙しく、更新もとがれがちに
なるでしょうが、これからもご愛顧願います。
Posted by こばやん at 2005年10月24日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。