2005年11月15日

過保護に育てるな!

 ランキングに参加しました。よろしければポチッと★


 やあ、こばやんです。東京地方では、すっかり寒くなってまいりました。皆さんも体調管理には気をつけましょう(ゴホゴホッ)



 さて本日からは、お待ちかね(?)の『こばやんの教育方針』です。教育は一生続くものですので、これを機に皆さんも一緒に考えましょう!




 本日は教育方針1

過保護に育てるな!

です。



 先日も東京都町田市で、高校生による殺人事件が発生しました。詳しい動機はわかりませんが、感情のコントロールができなかったことが、原因の一つかと思われます。



 自分自身でなにが正しいか?を考えて行動できる子供に育てることは、簡単なようで意外と難しいものです。なぜなら、幼い頃から子供に考える機会を与える前に、お金や物を与えてしまうからです。



 また、どんな行動が正しいか?ということを話し合う前に、子供の身の回りの世話をしてしまう親もおります。

 過保護に育てることによって、子供の考える力を弱め、将来的には人の考えに依存しないと、生きていけない大人を生んでしまうことになります。



 子供は私たちの思っているより、ものすごくしっかりしています。以前お話したとおり、産まれた時は子供はみんな天才なのです。その才能を生かすも殺すも、親次第です。過保護に育てず、子供のなぜ?という気持ちを尊重することはとても大切ですよ★


1日1クリック! 
blogranking.gif
応援よろしく願います



posted by こばやん at 08:35| Comment(0) | TrackBack(1) | こばやんの教育方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 過保護過保護(かほご)とは、ある対象を過剰に保護することである。過保護は、特にこどもの養育において、保護を行う場面が多く、こども自身の成長を見守る場面が少ないことを指していわれることが多い。日本では、..
Weblog: 子供の遊び・文学いろいろ
Tracked: 2007-09-30 13:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。