2005年11月17日

加奈ちゃん

 ランキングに参加しました。よろしければポチッと★


 やあ、こばやんです。本日は初めて配当金を、受け取ります。優待込みで3,720円と微妙な額ですが、銀行にお金を預けているより、多くの利息をもらえましたヨ(ニコッ!)。100万円預けていても利息が8円というこの世の中・・・皆さんも多少はリスクをとることを、考えてみてはいかがでしょうか?



 さて本日は、私の見ているドラマの中で、興味深い人物が登場しましたのでご紹介したいと思います。




 おなじみ『渡る世間は鬼ばかり』の中に登場する小島 加奈(上戸 彩さん)ちゃんです。



 元気ハツラツ〜〜?


 で有名な彼女が、このドラマに出ていることもビックリなのですが、その役柄にもビックリ!ではご紹介しましょう。



 ラーメン屋『幸楽』を経営している小島家の長女として生まれた久子。加奈は、久子と現在幸楽で働いている従業員との間に生まれた子供です。



 夫とともに家族でアメリカにわたったのですが、その後離婚。久子と加奈、そして長男ののぼる(漢字がわかりません)はアメリカに残ることになりました。



 人に頼ることでしか生きていけない久子。(私がもっとも嫌いな人物像の一人です)生活が苦しく、加奈を日本の父親の元に送り返してしまいました。

 ところが父親は再婚しており、新しい母親となじめず、結局は幸楽で預かることに・・・

 この加奈ちゃんの性格・・・アメリカでの生活と、母親の性格が似てしまったのだろうか。お金使いが荒く、お小遣いがもらえないとなると、人のお金にも手をつけてしまいます。しまいには援助交際のまねごとをして、警察に補導されてしまいました。



 加奈の言い分を聞くと・・・

『お母さんはもらえるはずの遺産がもらえなかったから、今、男に頼らなければ生きていけない生活をしなければいけなくなった。お母さんがもらえなかったお金を私がもらうのは当然でしょ!』お金を盗んでも、まったく悪びれるようすがありません。



 こんな加奈ちゃんの性格を生んでしまったのも、久子が満足な生活が送れなかったのが原因だと、小島家の店主キミ(赤木 春恵さん)は責任を感じ、久子がアメリカで店を出すお金(約2,000万円)を援助することを約束に、加奈をアメリカの母親の元に返すことを決意しました。



 説明が長くなってしまいましたが、要点は1つ!



お金を与えることでは、問題は解決しない


 加奈ちゃんや久子のように、お金をもらうことのありがたみや、お金の賢い使い方のわからない人に、いくらお金を渡しても、絶対に問題は解決しません。

 お金を渡すだけではダメ!とことんまで子供と向き合って、お金の価値や、ありがたみについて話すことが必要だと、切に思います。


1日1クリック! 
blogranking.gif
応援よろしく願います



posted by こばやん at 10:25| Comment(2) | TrackBack(0) | こころの教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
配当もらったんですね^^
優待込みでも3720円なら十分だと思いますよ☆
僕は9割方フジテレビしか見ないので
渡る世間とか金八先生などの人気番組すらみたことありませんが
上戸彩がでてるとは…
残念ながら僕の嫌いな人物の一人
常識ないし、どうも好きになれないんですよね…

確かにお金で解決しても、ろくなことはないですよね@_@
子供のころ親が金使い荒い人だと子供はそれが当たり前だと思い
その子が大人になっても金使いが荒くなるというのはよく聞く話です

今、話題になってるニートも
家の居心地が良すぎるから働かなくなったり
引きこもったりしちゃうわけですよね
人間はホント環境が大事だなと思います

中学生の時は幼い感じの子でも
渋谷の高校に行ってしまえば様変わりの仕方がハンパじゃないように…;_;
Posted by デルタ at 2005年11月17日 23:43
おはようございます。
>デルタさん、コメントありがとうございます。

 わた鬼・・・
私も初めて見る前は、つまらない!と思ってバカにしていたのですが、今ではすっかりはまってしまい、毎日ビデオを撮ってまで見るようになりました。
 東京地方では平日AM9:53から
再放送をしておりますので、ご覧になれるようでしたら、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

>人間はホント環境が大事だなと思います。
その通りですね。特に親や友達の影響が大きいと思いますよ。私は高校は吉祥寺でしたが、遊びまくっていました(トホホ)
Posted by こばやん at 2005年11月18日 08:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。